Windows10のバージョン1903が12月8日でサポート終了です

こんにちは。パパイヤ米山です。

「Windows10 バージョン1903」のサポートが
2020年12月9日に終了します!

まったくWindowsの更新をしていない人は、
現在の最新のバージョンにしておいてください。

自動売買専用パソコンを購入した方は、
Windows10の自動更新を停止してありますので、バージョンの確認後
下記のリンク先の手順で行なってください。

サポートが終わった時に何かトラブルがあっても、
Windows側もパソコンメーカー側も対応してくれないでしょう。

バージョン1903が終了、自分のパソコンを確認しよう

まず、確認方法からですね。
左下のWindowsのマークを押し、さらに左にある「歯車のマーク」を押します。
そのあとに、「システム」とありますので、そちらをクリック。
左の項目を下げて、「バージョン情報」を押したら右の項目を下げると、
現在のバージョンが出てきます。

バージョンが「1903」より前の古い数字の場合は、
さっきと同じ手順で歯車まで押したら、
その出てきた項目の最後に「更新とセキュリティ」とあるのでそれを押し、
右の項目の上にある「更新プログラムをチェック」をクリックすると更新することが出来ます。

なぜ、更新があるのか

今回のバージョンアップは、強制的に行われるそうです。

つまり、自動売買システムを使っていると、
平日に突然Windowsの更新が始まってしまい、
取引が止まってしまう可能性があります。

自動売買専用パソコンをお使いの方は、Windowsの更新を止めていますので、
「Wub」などを一度解除して、更新する必要があります。

以前更新方法を書いたコラムがありますので参考にしてください。
↓       ↓
自動売買専用パソコンを使っていても、Windows10のアップデートは定期的に

なぜ、今回強制的に更新があるのかというと、
昔かあるIE(Internet Explorer)とedge(旧バージョン)を使っていると、
結構危険ということです。

古いものを使っていると危険ということが、
ほとんどの方がわかっていないようで、
強制で更新を行って、Windows上から消し去ってしまいたいという
狙いもあるということです。

ある意味、ユーザーの為でもあります。
新しくなると、少し戸惑うこともありますが…。

Windowsの更新をしよう

今月末、11月21日~23日はちょうど三連休です。
取引も行われません。

Windowsの更新は古いバージョンだと、新しいバージョンへ
アップデートするのに相当時間がかかります。

およそですが、20分~2時間ほど取られる場合もあるので、
今度の三連休を使ってWindowsの更新をしましょう。

先延ばしにしても、全く良いことがありませんからね!
サポートが受けられなくなり、タイミング悪くパソコンが壊れても、
Windows側も販売メーカーもおそらく対応してくれませんからね!

後、コラムに書いてありますが、自動売買専用パソコンの方は、
更新をした後に、Windows更新が自動起きないように「Wub」を設定してください。

バージョンアップ後には、必ずWindowsの更新を止めてくださいね。
Windowsの更新を止めないと、
毎月の第2週の水曜日深夜に、自動でWindowsの更新が行ってしまうので、
寝てる間に自動売買システムが止まってしまう恐れもあります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事