サヤの急変動でも利益を手にする為の必要なコト

NT倍率が急落しました。

私はN買T売ポジションを現在複数持っていますので含み損が結構大きめですが、私には今日の場面はN買T売の絶好のチャンスに見えます。

急変動があった場面でしてはならないコト

N買T売ポジションをもった状態でNT倍率が急落すると、当然ながら含み損をしばらく抱える事になります。

サヤトリになれない方がこの時に湧き上がってくる感情は恐怖と不安と焦燥です。

そこから逃れたい心理により、ロスカットが最善策だと思い込んでしまいますが、恐らくそれは最悪の判断です(サヤトリでは)。

ではどうすればよいか

日経225MiniとTOPIX先物のサヤは際限なく動きやしません。

ロスカットをするのではなく、NT倍率が下がったその水準でコツコツと利益確定を重ねるのです(その方法はこの記事・ユーザーさん向けに「トレーニング」が間もなく始まります)。

大きな含み損があったとしても、サヤトリであればその含み損を超える利益まで積み重ねるのに時間はあまりかかりません

どんな時も利益を手にする為に必要なコト

最初からめいっぱいストラテジーを有効化して動かしてしまうと、こういう場面で資金不足になってしまい、リカバリーもできずチャンスを掴めなくなってしまうからです。

先日のWebセミナーで「最初からフルにポジションを持たせる人はアホだ」と話したのはこういうことなのです。

  • どんな取引でもいつも平穏ではない(当たり前)
  • 理解・習得するまでは徐々に徐々に使用し、いきなり多くの取引をしない
  • 恐怖からロスカットするような枚数をはらない

勝つ人はどんな手法でも勝ちますが、負ける人はどんな優れた手法でも負けます。

慌てず焦らず、もし何か意図せぬことがあったとしても「ま、しばらく放っておくか」くらいのいいかげんさ(好い加減)があった方が自動売買でも上手くいくのです。

その点は人生も投資も自動売買でも、きっと同じですよね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事