メジャーSQ1週間前、サヤトリユーザーの為のSQ関連知識

すみません SQ日3月13日でした 訂正&お詫び💦

Boctok01(自動売買システム)のサヤトリの利益は今朝までに今年+240万円を超えました。

次のメジャーSQは3月12日13日金曜日です。Boctok01(自動売買システム)のサヤトリでは、もしSQが無かったら勝率ほぼ100%の絶対最強マシンになりますが、「置きポジ」を「捨てポジ」として損失計上処理する場面でもあり、サヤトリユーザーさんにSQ前のポイントをお知らせします。

サヤトリユーザーの為のSQ関連知識

自動売買システムでは「出来高の多い銘柄」を選ぶべきですのでBoctok01(自動売買システム)は常に中心限月を自動選択しています。

今でしたら2020年3月限ですが、この最終取引はSQ前の3月12日15:15までです。それを超えるとSQ精算になり、13日の大引け後まで資金は拘束されます。

3月11日12日16:30以降は、自動で6月限が選択されますので、Boctok01(自動売買システム)のサヤトリは特に何もしなくても大丈夫です。

私たちにロールオーバーはできない

サヤトリでは含み損のポジションを抱えたままSQを迎える場合もあります。

「ロールオーバー」の方法を教えてくれというメールもいただきますが、事実上私たちにはロールオーバーはできません。同じ価格で新限月でポジションを持つのは不可能なのです。

できるのは3月限のポジションを捨てて6月限を新たに持つことだけです。含み損のポジションはSQ前に任意に返済するかSQ清算させるかの選択のみです

利益確定の金額が含み損の金額を超えていれば収益はプラスです。含み損ポジションがあっても攻めるサヤトリこそが強大な収益を生んでくれます。

SQ前から6月限のポジションを持てる

Boctok01(自動売買システム)では今からでも6月限のポジションを持つことは可能です。下図の箇所を切り替えれば新規保有は6月限、既存ポジションはそのまま返済処理ということが可能です。(切り替えた場合には12日16:30になったら元に戻す必要があります)

この機能はユーザーさんの希望で付けましたが、私はこの切り替えはせずに直近限月のまま使った方がいいのではないかと思います。

SQを過ぎると価格の方向が大きく転換する場合も少なくないからです。

ポイント

取引で含み損が発生するのは当然です。SQで「捨てポジ」があっても「利益確定」>「ロスカット」であれば良いのです。攻めのサヤトリこそが強大な利益を生んでくれます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事