自動売買システムのユーザー必見!海外旅行に便利なモノ

2月初旬~中旬にフィンランド~イタリアに出かけてまいりました。

高校生の息子と東大生の先輩とその妹さんの引率ということで出かける前はシブシブでしたが、実際には子供たちに引率してもらって楽しく後をついて周ってまいりました。

「自動売買システムのユーザー」に限らないのですが海外旅行にすごく便利だったものを2つ紹介します、、

その1、世界データ定額(AUのサービス)

ま、自動売買ですから何かをしなくてはならないとかは一切なく、な~にもしなくても自動売買は動いてくれるのですが、なにぶん、好きで自動売買をしていますのでその動きを見れないのは寂しい限りなのです。だから海外でもネット環境を整えておきたい訳です。

世界データ定額は980円/24時間の料金で日本にいるのとほぼ同様にデータ通信ができるものです。6日間の使用でしたので5,880円(6×980円)で料金も割安です(現地に着いて利用開始=実際に使う時間だけの料金で済むのも合理的)

持って行ったデバイスはAUのiphone11pro(ガラゲーから変更したばかり)は月間データ使用可能量が20GBと十分なので、持って行ったiPadとノートパソコンはそこからテザリングで使うことで3台が同じ料金内で使えます。

東大生くん兄弟はイモトのWifiを持っていきましたが充電が切れてしまったり、大容量プランのくせに一日のデータ量を超えてしまって使えなくなってしまったり・・圧倒的に世界データ定額が便利でした。

世界データ定額、ムチャおススメです

世界データ定額

その2、ジャパンネット銀行のVISAデビッドカード

あまり現金は使いませんでしたが、チップやエスプレッソ(立ち飲みの場合1€ほど)の支払いに現金が必要です。

日本国内の銀行で両替すれば一番良いと思いますが、窓口に行くのも面倒だったので現地のATMでユーロで出金しました。使ったのはこれです。

ジャパンネット銀行のVISAデビットカード、ユーロ円が120円(たぶん)の日の引き出しで124.71円、つまり4円ほどがコストですが駅などの両替え所だと30%近い手数料をとられるので、この方がはるかにお得です。

人生を楽しくさせてくれる自動売買の使い方とは・・

今回の旅行では旅費からお買い物代までそっくり自動売買が稼ぐ活躍をしてくれました。

ですが、当然ながら毎日プラスになるわけでもなく含み損を抱えながら過ごす日々もあります。ですから自分の心のキャパを超える取引は絶対してはならないのです。

自動売買で多くの人が失敗するのはこんなパターンです。

  1. あっという間に○○円も利益が増えた!
  2. この調子なら絶対に△□○万円程度の利益は間違いない
  3. よし、ここは思い切って取引量を▽倍にして一気に人生勝ち組だ!

サヤトリは勝率がすごく高いですが、含み損を一定期間抱える事も少なくありません。(サヤトリに限らずどんな取引も)

その際に無理した取引の設定をしていると含み損の恐怖とストレスから逃れたい一心になってしまい、不要な損切をしてしまうといったような負のスパイラルに陥ってしまうのです。

自分自身が日々を楽しく過ごせる程度の取引(量)設定こそが、自動売買ユーザーさんを最も豊かにしてくれる使い方です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事