〔予告〕Boctok01_3から機能向上アレコレ

(遅ればせながら、、)新年あけましておめでとうございます。

まったく遅すぎな新年挨拶なのですが、ただただ黙々・黙黙と自動売買システムを創り込みしておりました。

もう少し作り込みと動作確認をいたしますが、Youtubeライブではすでに動いています

Boctok01.03に組み込んでいる機能

Arbi_D6追加
Manu_NTの使い勝手向上
NY-Tokyoに返済ボタン
Arbi_D4/5のロスカットの仕組み

Arbi_D6を追加

サヤトリは日経225MiniとTopixの価格の歪みみたいなモノを収益化します。サヤトリには沢山の「お宝」が埋もれているのだなあと感じております。

Arbi_D6の仕組み

長期(過去6カ月)のNT倍率の変動と当日のリアルタイムデータ・板情報からより安全性の高い場面のみポジションを保有します。この長期的なデータでの判定をする仕組みにより、日経が相対的に高い場面でのみ「N買T売」をしますので、より確実なサヤトリができやすくなります。

過去6カ月のNT倍率の変動
15分足NT倍率チャート(直近4日間)
チャート上のサインの意味

上記15分足チャートにおける表示は下記の通りです。

・小さめの赤丸・青丸 Arbi_D4の判定を表示します

・四角い印 Arbi_D5の判定を表示します

・青い破線(赤い破線) Arbi_D6の判定を表示します

表示の意味

Manu_NTの使い勝手向上

半自動のサヤトリ、Manu_NTを誤操作してしまう方がいらしたので使い勝手を向上させました。

使用する場合は、Manu_NTを「使用する」ボタンで有効化し、「N買T売」などのボタンを押します。

NY-Tokyoに返済ボタン追加

要望が多かったNY-Tokyoに手動返済ボタンを追加しました。自動返済だけではなく下図のボタンで任意に返済もできます。

Arbi_D4/5/6のロスカットの仕組み

ロスカットの仕組みが理解しずらかったのでわかり易く変更しました

・シートNT_TradeのR列に「ロスカット」の選択タブがあります

・「損失幅でLC」、「アルゴリズムでLC」、「しない」の選択です 

「損失幅でLC」だとその名の通り、損失額でLCします 

「アルゴリズムでLC」だと保有しているポジションと反対方向の判定になり、新規条件を満たすとLCし反対方向のポジションを新規に保有する 

「しない」にしておくと利益確定しますがLCしません

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事